読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BE A STAR☆

横浜DeNAベイスターズを応援しています

ハマのアイドル・山﨑 康晃投手

選手紹介 ベイスターズ

おはようございます。

昨日の試合は雨天中止でした。

14時過ぎにDeNAから中止のお知らせメールが来た時には、

全く降っていませんでしたが17時位から降り始めました。

神宮は雨で2回中断しながらも最後までやりきったとか。

雨の試合はやっている方もファンも大変でしょうね。

今日は晴れて暑くなりそうなので、頑張って応援してきます★

先発は久保。ヤスアキの出番がありますように。

 --------------------------------------------------------

本日は山﨑康晃(ヤマサキ・ヤスアキ)投手を改めておさらい。

守護神としての活躍やファンへの神対応のみならず、

お母さん想いの優しい性格やイケメンマスクでDeNAファンの

ハートをわしづかみです。

 

山﨑康晃選手は1992年生まれの23歳。

フィリピン人のお母さんと日本人のお父さんとのハーフで

お姉さんが一人います。

康晃が小学3年生の時に両親が離婚し、お母さんが女手一つで働いて

子供たちを育てあげたそう。

野球少年だった康晃は帝京高校野球部で活躍するもドラフト指名ならず。

亜細亜大学に進み、2014年ドラフト1位でDeNA入団

 

中畑監督にストッパーに起用され、3月31日初セーブをあげます。

ヒーローインタビューでは、

「とても勢いのあるカープ打線。すごく緊張してマウンドへ上がりました。

今日の経験を生かして、今シーズンでしっかり小さな大魔神になります」

と宣言。

記念ボールは「お母さんにプレゼントしたいと思います

ここまで一生懸命、育ててくれてありがとうございました!」ですって。

 

その日のTwitter

感動!いい子だわ~。

 

そして8月20日に新人最多セーブ記録を樹立!

この時も「記念のボールなのでお母さんに渡したいと思います。」と発言。

本当にお母さん想いの息子ですね。

また、ファンへの丁寧な対応も人気のひとつ。

サインや握手など、時間が許す限りしてあげています。 

 

康晃がプロ野球選手になって本当に良かった。お母さんも幸せだと思います。

ファンも幸せです。

プロの世界はまだまだ始まったばかり。これからもどんどん活躍してほしいです。

 【Fin】